• 弁護士:桑田 英隆紹介
  • まずは、無料でお問合わせ

弁護士桑田の活動日誌

2012年8月14日 火曜日

マンションでの水漏れ事故の責任

みなさん,こんにちは,弁護士の桑田です。
今回のテーマはマンション内で水漏れ事故です。水漏れの被害を受けた住人は誰に対して責任を追及できるのでしょうか。

このことを考えるには「水漏れの原因は何か」「どこで発生した水漏れか」を検討することが必要です。

水漏れの原因は,建築時の工事の欠陥,風呂や洗濯機の水栓の閉め忘れ,排水管の詰まりなどが考えられます。

発生場所で見ると,専有部分の水漏れは区分所有者あるいは賃借人に責任を問える可能性があります。一方,共用部分の水漏れは管理組合の責任が問題になります。なお,水漏れ箇所が共用部分,専有部分のどちらか分からない場合は,共用部分の不具合に原因があると推定されます(区分所有法9条)ので,反証できない限り管理組合の責任となります。

具体的に検討してみましょう。

まず,水漏れの原因がマンション建築当時の設備工事であれば分譲主への瑕疵担保責任の追及になります。
専有部分について人為的原因で水漏れが発生した場合には,水漏れを起こした区分所有者あるいは賃借人が責任を負うことになります。
共用部分について配水管の清掃が不十分などの理由で水漏れが発生した場合は管理組合が責任を負うことになります。

もっとも,「水漏れの原因が設備工事か設備の老朽化か」や「どこで水漏れしているか」の判断に迷うことは多いです。そのような場合には技術的な検査も必要となるでしょうから,お気軽にご相談下さい。

 その他のマンショントラブルは以下のページをご覧下さい。

 マンション内の騒音問題は
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/05/post-7-272598.html
  マンション内のペットトラブルについては
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/09/post-37-348244.html
 マンション内での誹謗中傷については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/09/post-1-342591.html
 管理組合の理事長を解任する方法については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/07/post-25-310679.html
 マンションの構造などに欠陥がある場合の損害賠償は
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/07/post-1-307678.html 
 マンショントラブル全般は
http://www.kuwata-lawoffice.net/manshon/

投稿者 弁護士 桑田 英隆 | 記事URL

申し訳ございません。WEBでお伝えできる情報には限界がございます。
アクセス


大きな地図で見る〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-5ラフィネ新宿2階
※丸ノ内線新宿御苑前駅3番出口右手前方の「新宿1丁目西」」交差点を「サブウェイ」に沿って右折して頂き約3分ほど直進して下さい。
 1階に「福招門」という中華料理店のあるビルの2階になります。

お問い合わせ 詳しくはこちら