• 弁護士:桑田 英隆紹介
  • まずは、無料でお問合わせ

弁護士桑田の活動日誌

2012年7月30日 月曜日

交通事故の被害者がすぐに保険金を受け取るには?

みなさん,こんにちは,弁護士の桑田です。
今回のテーマは,交通事故の被害者が早期に保険金を受け取る方法です。

保険金は,すぐに受け取れるとは限りません。加害者が責任を否定したり,損害額を争うと長期間支払を受けられないこともあります。

そこで,自賠法17条は,人身事故の被害者が仮渡金を請求できる規定をおいています。
仮渡金支払請求書に「事故の発生」と「政令に定められた人身損害」を証明する資料を揃えて請求すれば比較的短期間に支払われます。


もっとも,後日,損害額が確定した場合,支払額から仮渡金がひかれますし,確定した損害額より仮渡金が多ければ差額の返還を求められます。
また,死亡の場合で290万円傷害の重さによって40万円20万円5万円となっています。
このように高額ではありませんが,緊急の場合ですから万が一交通事故に遭われた場合には,ご利用をご検討されると良いと思います。

その他,交通事故のご相談は以下をご覧下さい。

 弁護士特約の利用については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/07/post-19-301786.html
 後遺障害の等級認定については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/07/post-24-309253.html
  示談あっせんする機関については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/09/post-32-342968.html
 交通事故の保険と労災保険,健康保険の関係については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/08/post-30-320861.html
   交通事故と時効の関係については
http://www.kuwata-lawoffice.net/blog/2012/06/post-14-294651.html
 その他の交通事故全般のご相談については
http://www.kuwata-lawoffice.net/jiko/


投稿者 弁護士 桑田 英隆 | 記事URL

申し訳ございません。WEBでお伝えできる情報には限界がございます。
アクセス


大きな地図で見る〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-5ラフィネ新宿2階
※丸ノ内線新宿御苑前駅3番出口右手前方の「新宿1丁目西」」交差点を「サブウェイ」に沿って右折して頂き約3分ほど直進して下さい。
 1階に「福招門」という中華料理店のあるビルの2階になります。

お問い合わせ 詳しくはこちら